お金くれる人

Posted in 未分類 on 1月 9th, 2020 by ryyc04

 噂に聞くと、お金くれる人というのは最近では少ないとか。
正確には、出してくれるお金が少ない。
デートを求める男性は、確実にネットの世界には存在をしているようなのですが、以前言われたような高額なパパが見当たらないという話を聞きます。
出来ることなら、私もデートだけで援助交際ぐらいの支援が欲しいなと思っていました。
たくさんお金くれる人と出会いたい。
でも、噂では儲からなくなっているなんて言うから、躊躇していたんです。

 それは友達からのLINE通知でした。
そのメッセージから、かなり慌ただしいのが伝わってきました。
「大変だよ!本当に大変だよ!」
「なにが?どうしたの?」
「パパとデートしたの」
「なに?なに言ってるの?」
「お小遣いくれる人なの。パパなの。やったの!」
トークだけではどうしようもない、通話に切り替えました。

 要約すれば次の通りです。
友人、ネットで知り合ったパパと待ち合わせに成功。
そしてお食事のデート。
食事が終わると、万札を手渡されたと言うのです。
「それで、いくらもらったの?」
お金の無償支援
「2万円!!!!!」
「そんなに?パパ活って、いまお金にならないって聞くけど」
「それは、人によるかもよ。パパ次第」
俄然、私もお金くれる人と知り合いたくなったのです。

 友人に、いろいろな話を聞かせてもらったのですが、やはり細いパパが多いようです。
でもずっと募集を続けて、太パパとの遭遇。
また、相手の人にそれっぽい雰囲気を与えて行くことで、また会いたいという気持ちにもさせられるとか。
ちょっとしたコツなんかも教えてもらえたのです。

 待ち合わせは出来るんですよね。
でも2回目に繋がることがなかったり。
1回目の面接で、そのまま音信不通になっちゃうことがたくさんあって。
だけど、この時点で多少のお金をもらうことができて、少しは安心だったりして。
それでやっぱり、男性の気を惹く必要があるのかな?という気持ちから、ひらひらのミニスカ。
メイクも、小悪魔っぽくしてみたんです。
そうしたら、面接の時に言われました。
「時間作れる?食事に行こうよ」
この作戦、ちょっと成功したのかもしれません。
そのパパとなんですが都度の2万円で、契約してもらうことに成功しました。

 私なりに判断すると、お金くれる人というのもそれぞれ。
会話が合う人とか、フィーリングが合う人を求める人もいる。
多少を色気の雰囲気を味わいたい人もいるみたいですね。
これもやっぱり縁だから、うまくいかないこともあるんでしょうね。
困った時に助けてくれる人
無償で支援してくれる人